業務に役立つ 時代先取りオススメWEB 第五回
エコノミー&マーケット 歌右衛門のホームページ
http://www2.nkansai.ne.jp/users/ken/
 
 株式や為替について資料やチャート提供、あるいは参考になるホームページは多数存在するが、初心者から上級者まであらゆる人を対象に、これらの経済分野の適切な情報網を取り揃えたホームページとして「エコノミー&マーケット 歌右衛門のホームページ」を紹介する。
 ホームページの構成は、オリジナルコンテンツである「経済と株式入門」と、膨大なリンク集である「International Links (700+α)」、の二大構成からなり、その他、経済と株の関連性を図表で示した「経済・株式メカナビ」や経済ニュースサイトにリンクした「ニュースナビ」など、実用性と個性の両方を感じる内容といえる。
 まず「経済と株式入門」では、株式・金利・為替・世界経済などの関連性について、初心者にも非常にわかりやすい説明がなされており作者のオリジナリティ溢れる作り込みとなっている。
 また、リンク集コンテンツの「International Links (700+α)」は、国内経済・株式/海外経済・株式/為替、の三部構成で、日本国内だけでなくアメリカ・ヨーロッパも含めあらゆる関係機関・情報源を網羅し、作者の工夫により実用体系に分類された総合リンク集だ。
 ホームページ作者の歌右衛門氏は大阪在住で、金融関係とは全く無縁な仕事をしている個人だ。株式投資を自分でする中で情報を集め出したのが始まりとか。また「経済と株式入門」とメカナビ部分をインパクに出展した実績がある。
 同氏によると、ホームページの方針は「景気、為替、株式、金利がどうなっていくのか、各人が自分で考え、自分で判断し、欲をいえば予測までしてただくようになって欲しい。そのための判断できる資料、各種データ、チャートを取り揃えている。また、長期・短期にそれがどこに影響を与えるのか、どうなるのか、初心者が理解できるホームページにするのが目標である。」とのことだ。
 経済に関する一つのデータを探すに、通常なら外国のデータなども含め、収集するのに多大な時間を要するものも、ここのリンク集ではステップアップして体系的にまとめられているので非常にデータを集めやすい。愛用者は、学生や初心者から、シンクタンク・プロの投資家・経済学の大学教授など幅広く、入門から実用・応用までを可能にしたサイトと言える。
 サイト運営にまつわるエピソードを伺った所、タイトルの由来は、仲間が五右衛門を名乗ったので自分は歌右衛門としてみたが、今は名前が知られすぎて変えることが出来ないとのお話や、某外国にて丸ごとコピーされ、現地語に翻訳されて使われている、ということもあるそうだ。
 人気サイトの宿命でもあるが、作者個人よりも、WEBが一人歩きする現象が起こっているようだ。
 株式の世界をあらためて学んだり情報収集するには最適のサイトなので大いに活用してほしい。また作者の思いも同時に感じながら見ると、興味深さもより増すことだろう。

週刊 金融財政事情 掲載